こんばんは。ピピ助です。

前回の記事はこちら。
>>銀クリ治療(ミノキシジル・フィナステリド) ー22ヶ月

新年あけましておめでとうございます。
更新してるんだかしてないんだかわからないスローペースな本ブログですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします!!
今年はもう少し更新します!!

年も明けたというところで、頭の方の現状報告とそれに伴う改善案について、ちょっと書いてみます。

2018年1月現在の頭

結構キテます。
それはもう冗談じゃないほどに、キテます。

これまでのピピ助

初見の皆様のためにも、ピピ助自身のためにも、ここでこれまでの治療経過と治療の試みについてまとめておきたいと思います。

まず、2018年1月時点でハゲの治療を初めて、約3年半ほど経過しています。

■2015年8月〜2016年2月
・育毛剤(「チャップアップ」)使用。

髪質の改善はかなり見られましたが、毛髪量の増加は見られず。

■2016年2月〜2016年10月
・銀座総合美容クリニック(ミノキシジル・フィナステリドによる治療)

標準濃度での治療。
この期間が一番増毛していました。もしかしたらこの時点でも今より髪の毛多かったのでは……。


>>銀クリ治療(ミノキシジル・フィナステリド) ー8ヶ月

■2016年10月〜2017年2月
・銀座総合美容クリニック(ミノキシジル・フィナステリドによる治療・その2)

濃度を1段階上げました。
具体的にはこれまでの1.5倍になっています。
ここでも増毛効果は見られましたが、最初ほどの急激な効果は体感としてはありません。
でもまあ、10→50になるのと、50→100になるのでは、後者の方が絶対値は増えているにも関わらず、倍率としては前者は5倍、後者は2倍の変化しか感じられないので、仕方がないことではあります。


>>銀クリ治療(ミノキシジル・フィナステリド) ー11ヶ月

■2017年2月〜2017年8月
・銀座総合美容クリニック(ミノキシジル・フィナステリドによる治療・その3)

濃度を更に1段階上げました。銀クリ最強濃度で、標準濃度の2倍です。
ここでの変化は一番感じられませんでした。むしろちょっと減ったんじゃないかと感じるくらい。


>>銀クリ治療(ミノキシジル・フィナステリド) ー18ヶ月

■2017年8月〜2017年12月
・銀座総合美容クリニック(ミノキシジル・フィナステリドによる治療・その4)

減薬を開始して、濃度を標準に下げました。
下げたところ髪の毛が減ってしまい、12月から慌てて最強濃度に戻しています……。


>>銀クリ治療(ミノキシジル・フィナステリド) ー22ヶ月

減った原因は薬を減らしただけじゃない

ここまでの結果を見ていただいてわかると思うのですが、髪の毛の減りと濃度の増減が完全に一致していません。
ミノキシジルの一番強かったはずの2017年2月〜8月にかけて、どう見ても増毛していません。
増えていないだけならまだしも、ちょっと減っています。

ここから先はピピ助の憶測ですが、この結果は薬以外にも大きな原因があると考えています。
それは食生活の変化です。

前回の記事を書いた時点で、薬以外の部分に原因があるのはなんとなくわかっていました。
最初はワックスか!?と思ったのですが、洗わないで寝ることなんか絶対にありませんし、それよりももっともっと変わったことがありました。

ピピ助、2017年4月から仕事の都合で一人暮らしになり、また、労働時間もかなり伸びました。

身体が感じてる負担やストレスが増しているのも一つの原因だとは思いますが、それ以上に食事の変化が大きいのかもしれない!!
ほぼ自炊はしているものの、実家暮らしの頃よりも確実に野菜の摂取量は減っています。 特に緑黄色野菜と魚。

野菜って、すげー高いんですよね!!
一人暮らしするようになってからめちゃくちゃ実感してます。

高い野菜を避けた結果、4月からのピピ助の食卓には
「もやし、たまねぎ、じゃがいも、にんじん、かぼちゃ」あたりの野菜しか登場していません。
たまに安いとほうれん草や小松菜やブロッコリーを買います。
冬になってからはかぼちゃも高くて全然買ってませんし、野菜足りてないよなあと思いながら日々を過ごしていました。

魚も肉と比較して高くついてしまうのと、料理の手間が少し気になって避けがちに。
一人暮らしを始めてから、サーモンを1回買った以外、魚には手を出してません。

自分でまとめたこの記事(ハゲを予防して髪の毛を増やす!発毛に必要な栄養素とおすすめ食べ物)を見ると、特に青魚などに含まれているオメガ3脂肪酸が、この4月からほぼ全く摂取できていません。

故に、今年の2月からミノキシジルの濃度を上げたにも関わらず髪の毛が減ってしまったのは、おそらくこの食生活の変化によって頭皮環境が悪くなっているのではないかと推測されるのです。
薬だけに頼って意識が甘くなっていたツケです。

2018年の抱負は

食生活の改善です!!

「タンパク質」「ビタミンB・E」「亜鉛」「オメガ3脂肪酸」
これらの栄養素に特に注意して食生活を改善します。
これを続けることによって毛量が改善することがあれば、

ミノキシジルの量は変わっていないのに食事を変えたら前回と違う結果になった=食生活が原因だった

ということになります。

いずれまた減薬することになりますし、その時のためにも減薬以外の要因で髪が減ってしまうことは避けたいものです。
合わせて「銀クリの投薬以外の治療法」を考えていきたいと思っています。

今年も育毛頑張ります!!
どうぞよろしくお願いします!!!