こんばんは。ピピ助です。

前回の記事はこちら。
>>緑黄色野菜と青魚とハゲにおける新年の抱負

銀クリに通い始めて丸2年経ちました。
そしてついに!!!!!
卒業の時が来ました。

銀クリ卒業

はい、タイトルからしてバリバリに出しておりますが、銀クリを卒業しました。
とはいえ、正直「費用も高いし、ここに通うのをやめて別の方法で治療します!」とはなかなか言いづらいですよね。

そこで姑息なピピ助は「理由があって銀クリに通えなくなってしまったかわいそうな若者」を演じることにしました。

ピピ助「すみません、、実はちょっと3月に引っ越すことになってしまって、もう通えなくなりそうで……(嘘)」

医者「あ、そうなんですか。どちらに引っ越されるんですか?」

ピピ助「え?……ええっと、静岡あたりです(適当)。あ、でも全く東京に来なくなるわけじゃないんですけど……(謎のフォロー)」

医者「あ、そうなんですか。じゃあ数ヶ月分まとめて処方でも大丈夫ですよ!」

ピピ助「え?あ…う、でも本当に東京に来られるかもはっきりしなくて……(支離滅裂)」

医者「遠隔診療って手もありますよ。最長で半年に1回の通院で、来られない時は電話で診療するということも可能です」

ピピ助「あ……、わかりました。とりあえず来月はもう一回来られると思うので、その時にまた相談します……(敗北)」

……こんなしょうもないやり取りを繰り広げ、ちょっとの罪悪感を伴いつつ、次回予約はせずにそのままフェードアウトしました。
今の所、病院からの電話はありませんし、おそらくこれからもかかってこないとは思います。
親身になってくれたお医者様には申し訳ないですが、本当にごめんなさい。

こうして銀クリを(勝手に)卒業したわけですが、もちろんそのまま治療をやめてしまったらあっという間に禿げ上がるであろうことは目に見えています。
辞める前には準備が肝心とばかりに、きっちりと準備してから卒業しました。

卒業時の状態はこんな感じでした。

・前から

・上から

・後ろから

つむじ部分以外は問題なし。
これが維持できれば御の字で、つむじが改善できれば万々歳です!!

これからの治療プラン

色々と考えました。
前回の食生活のことももちろんですが、

・育毛剤を使う。
・スペシャルな機械に頼る。
・薬を個人輸入する。

この辺りを検討し、最終的に全部使ってみることにしました。

育毛剤を使う

育毛剤については一番気になっていたグローリン・ギガを購入し、使用。
>>最安値?育毛剤グローリン・ギガを買ってみた。

※グローリン・ギガって何?という人はこちら。
>>1000円以下!一番安い育毛剤グローリン・ギガの効果・口コミまとめ

スペシャルな機械に頼る

スペシャルな機械はヘアマックスです。

こんなやつ。低出力レーザー育毛器です。
ヘアマックスは「日本の厚生労働省にあたるFDA(アメリカ食品医薬品局)より認可を受けており、安全性や効果が確かなものだということが証明されている(公式サイト原文ママ)」そうです。
このFDAから「育毛に効果がある」と認可を受けているのは、フィナステリド、ミノキシジル、植毛、そしてこのヘアマックスの低出力レーザーのみ、とのこと。

合わせ技で使っているので、これ単体でどれくらい生えて来るのか未知の状態です。
が、公式を見るとこういう効果があるとかないとか。

ここまでの劇的な効果を誰もが得るのは難しいでしょうが、内服薬以上に副作用の心配がなく、最初の初期投資のみでオッケーで、現状維持+αを期待している、という人には最高のアイテムと考えます。

薬を個人輸入する

やはりこれが治療のメインになってくるかと思います。
今回は個人輸入では有名な代行サイトである「オオサカ堂」でこれらの薬を注文してみました。

フィナロイド100錠 + ミノキシジル5mg100錠

フォリックスFR16クリーム[ミノキシジル16%]

フィナロイドはフィナステリド1mg配合。一箱で100錠入っていて、1日1錠なので3ヶ月と少し分あります。
ミノキシジル5mgも1日1錠計算で同じく3ヶ月少し。

フォリックスFR16クリームは、ミノキシジル16%配合の育毛剤です。さらにフィナステリドも配合されています。
内服薬だけだと、銀クリ最強時代よりもミノキシジルの濃度が下がってしまうため、試しに外用薬も追加してみることにしました。
このクリームは本来1日2回、1回の仕様につき5プッシュを薄いところに塗るそうですが、ピピ助は内服薬も飲んでいるし、ヘアマックスも使っているので今は2日に1回しか使ってません。

気になるお値段ですが、内服薬のフィナステリド1mg+ミノキシジル5mgがピピ助購入時点で5,242円。
フォリックスFR16クリームが5,170円でした。
足して、10,412円で、これが約3ヶ月分の薬代ということになります。1ヶ月当たり3,471円です。

一方の銀クリは、フィナステリド1mg+ミノキシジル8mgで1ヶ月21,040円でした。

その差なんと6倍!!

この差は本当に大きいです……。
3ヶ月で52,707円差。
半年で105,414円差。
1年で210,828円差。

おおおおおおおおおおそろしいいいいいいいやああああああああああぁぁぁ……
浮いたお金で海外旅行できるレベル。

本当なら、海外からの輸入品に手を出すよりも国内生産品を使いたいのが心情ってものですが、やはりこの価格差は見ないふりなんてできません。
直接命に関わることでないとはいえ、精神的にはハゲって本当に死にたくなるほど辛いんですよ!!
保険が効くか、あるいは薬自体の価格がもっと安くなればいいんですが。

前回の反省を踏まえて 〜食生活編

食生活についてはこの1年間、反省しなければならないことが多かったです。
銀クリで濃度を上げたのに効果がイマイチだったのは、普段の食生活が原因だろうと考えられます。

なので、積極的に魚と野菜を摂る努力を始めました。

魚を料理するのは結構面倒だと思っていたのですが、ライパンで蒸し焼きにすると簡単でした。
ピピ助はサバやシャケなどと一緒に、ほうれん草やもやしなどの野菜を買い、まとめて蒸し焼きにしています。

レシピは超簡単。

■材料
・鯖、もしくは塩鮭の切り身 3切れくらい
・もやし 1袋
・ほうれん草 1袋
・油 大さじ2杯(ピピ助はオリーブオイルを使ってます。美味)

野菜は一例で、葉物野菜ならなんでもいけると思います!!

1.まずはほうれん草をざくぎり。もやしは軽く水で洗う。

2.フライパンに油を引いて、野菜を炒めます。

3.しんなりとするまで火が通ったら、上に魚を乗せて、200ccくらい水を加えて蓋をして強火に。

4.水がなくなるまでそのまま待ち、なくなったら完成。

なんて簡単!!
10分ちょっとで完成です。

塩シャケなら本当に何も味付けしなくても、野菜までしっかり味がつきます。
塩味のついていない魚なら、多少塩コショウを加えれば完璧です。

納豆や豆腐、卵はこれまでも結構食べていたので、そのまま継続しています。
加えて秘密兵器なのは「アマニ油」です。

アマニ油は小さじ1杯で1日分のオメガ3脂肪酸が摂取できる優れものです。
青魚を食べない日でも、これを摂取しておけば一安心!!

こんな感じで少しずつですが改善をしていってます。
この効果がどう出るかは、また数ヶ月後の様子を見て、ということになります。
また報告したいと思いますので、乞うご期待!!

次の記録はこちら。
>>【新シリーズ開幕】ミノキシジル・フィナステリド個人輸入 -1〜3ヶ月目